タワーマンション

●六本木ヒルズ・レジデンスB棟、C棟(タワーマンション11)

タワーマンション 東京!
今回御紹介するのは、2003年4月にオープンした六本木ヒルズの南側に立地するタワーマンション、六本木ヒルズ・レジデンスB棟、C棟です。

六本木ヒルズ・レジデンスB棟、C棟、合わせて800戸あり、うち300戸は分譲、500戸は賃貸です。

タワーマンション11

六本木ヒルズレジデンスの有名な住民としては、ホリエモン、サイバーエージェントの藤田氏、競馬で有名な関口氏、ナイナイの矢部氏等。


<六本木ヒルズレジデンスの基本的サービス>として、、、

■ドアマンによるお出迎え、お見送り
■メッセージの取り次ぎ、宅配便のお預かり
■コンシェルジュサービス
■タクシーの手配
■新聞購読の取り次ぎ
■ランドリー受付
■DPE取り次ぎ
■切手やはがきその他の販売
■両替 (外貨は除く)
■観葉植物の手配
■トランクルーム

等があります。

また、アメニティとして、レジデンスCの3〜5階部分に総床面積1,800m2におよぶ、大型スパ設備があり、その内容は、、、

■ジム
■スイミングプール
■スタジオ
■ジャクージ・サウナ
■エステティックサロン
■レストラン
■デッキテラス

そして、レジデンスBの最上階に豪華なラウンジがあります。

タワーマンション、六本木ヒルズ・レジデンスのルーフトップガーデンは、レジデンスA〜D各棟の屋上にあります。
英国人デザイナー、ダン・ピアソンによる庭園は、日本の植物を上手に組み合わせつつデザインされた、驚きのあるイングリッシュガーデンです。

六本木ヒルズレジデンスでは、居室の中心にキッチンが設置されています。
できる限り日当たりがよく、最も気持ちの良い場所にキッチンを、という発想とのこと。


<タワーマンション、六本木ヒルズ・レジデンスの価格>

レジデンスCが一番高額で、レジデンスA,Bは、六本木ヒルズレジデンスの中では値頃です。
レジデンスDは、マンスリーマンションと同じ扱いになっています。



つづきを読む>>
posted by タワーマンションMANIA at 10:19 | ●六本木ヒルズ・レジデンスB棟、C棟



タワーマンション

●THE TOKYO TOWERS SEA TOWER(ザ・トーキョータワーズ シータワー )(タワーマンション2)

タワーマンション 東京!
今回御紹介するのは、58階建ての2棟からなる都内最高階層のツインタワーマンション THE TOKYO TOWERS(ザ・トーキョー・タワーズ)のうちの1つ、THE TOKYO TOWERS SEA TOWER(ザ・トーキョータワーズ シータワー )です。

環状2号線の整備(予定)に伴う、勝どき六丁目地区第一種市街地再開発事業として再開発された、このTHE TOKYO TOWERS(ザ・トーキョー・タワーズ)。

タワーマンション2

このTHE TOKYO TOWERS SEA TOWER(ザ・トーキョータワーズ シータワー )の宣伝にはアメリカの俳優リチャード・ギアが起用されています。
I LOVE NEW TOKYO(アイ ラブ ニュー トーキョー)がキャッチフレーズ。
最寄りの「勝どき」駅からは汐留へ5分、六本木へ13分と、銀座約1.8km圏ならではのアクティブで快適なアクセスも良好なタワーマンションです。

海側のシータワーからは海はもちろん、レインボーブリッジ、台場や東京湾花火大会も間近に望めるタワーマンションです。

THE TOKYO TOWERS SEA TOWER(ザ・トーキョータワーズ シータワー )内には日常を支える食品スーパーや医療施設、25mプールやジャグジー、フィットネスジムを有する居住者専用のスポーツ施設や、カフェラウンジ、シアターコーナー、保育所など、都心の利便性をさらに高める環境が充実。
また、快適、安全、省エネに配慮された次世代オール電化システムを採用したタワーマンションになっています。

ミサワホームが銀行の金融支援を受け経営再建中のため、この事業を住友商事に売却した話題のタワーマンションでもあります。

<THE TOKYO TOWERS(ザ・トーキョー・タワーズ)の主な施設>

THE TOKYO TOWERS(ザ・トーキョータワーズ )MID TOWER内にあるのは、25mプールやジャグジー、サウナ、フィットネスジム、ゴルフレンジ、クリニック、保育所、エステサロン、カフェラウンジ、シアターコーナー、プレイコーナー、スタディコナー、キッズコナー、カルチャーホール、ミーティングルーム、トリミングルーム、シースカイラウンジ、ミッドスカイラウンジ、スーパーマーケット(マルエツ系:リンコス又はFoodexpress)等々。


<THE TOKYO TOWERS(ザ・トーキョー・タワーズ)のコンシエルジュサービス>

また、THE TOKYO TOWERS(ザ・トーキョータワーズ )MID TOWERには、実務経験を積んだプロのコンシエルジュによる従来のフロントサービスよりワンランク上のコンシエルジュサービスも用意されています。
そのサービスはマンションであるという概念を超えた、ホテルのようにきめ細やかなサービスレベルを実現しています。

<THE TOKYO TOWERS SEA TOWER(ザ・トーキョータワーズ シータワー ) 基礎データ>

●場所:東京都中央区勝どき六丁目301番2

●階数: 地上58階、塔屋1階、地下2階

●高さ:192m

●戸数:1,333戸

●形態:分譲タワーマンション

●建築:住友商事、オリックス・リアルエステート、東急不動産

●入居:2008年04月下旬予定

●HP:ザ・トーキョータワーズ

●資料:東京都報道発表資料
posted by タワーマンションMANIA at 01:11 | ●ザ・トーキョータワーズ SEA TOWER



タワーマンション

●芝浦アイランドケープタワー(タワーマンション16)

タワーマンション 東京!
今回御紹介するのは、官公民で住宅や公共施設を整備する再開発計画「芝浦アイランド地区プロジェクト」地区の南端に位置する分譲タワーマンション、芝浦アイランドケープタワーです。

施設としては、約3400平方メートルのプライベートガーデン、ビューラウンジ(37階)、ゲストルームなどがあります。
また設備面でも、NTTなど5つのキャリアから選択可能な光ファイバー・インターネット環境、電子マネー「Edy」機能付きのICカードシステムを備え、24時間有人管理、ICカードを使ったオートロックのノンタッチ解錠システムなどのセキュリティ体制が整っています。

タワーマンション16

中心価格帯は延床面積80平方メートルで5000万円台。
タワーマンション、芝浦アイランドケープタワーの販売に先立ち、モデルルーム「芝浦アイランド マンションショールーム」を1月21日にオープンしました。
芝浦アイランド地区プロジェクトは開発面積約6万平方メートルで、都市再生機構と民間事業者8社が共同で推進しています。

タワーマンション、芝浦アイランドケープタワーは、分譲・賃貸合わせて約4000戸の共同住宅や、スーパーマーケットや医療クリニックモール、児童高齢者施設、公益施設などからなり、2007年3月に街開きになりました。


<芝浦アイランドケープタワー 設備>

●約625m2のドッグラン(中型犬クラスまでOK)
●居住者専用コンビニエンスストア
●バンド練習も可能なサウンドスタジオ
●アウトドアパーティーも可能なパーティールーム(3室)
●緑につつまれるバーベキューガーデン
●お台場と富士山を楽しむ37階ビューラウンジ
●24時間利用できるスタディールーム
●海側・都心側の眺望を楽しめる37階ゲストルーム(4室)
●レンタルサイクル
●トランクルーム
●カーシェアリング
●キッズプレイルーム
●24時間対応ゴミ置き場
●布団も洗えるコインランドリー


<芝浦アイランドケープタワー 基礎データ>

●場所:東京都港区芝浦4丁目31番6

●階数:48階、地下1階

●高さ:160m

●戸数:1095戸

●形態:分譲タワーマンション

●建築:三井不動産、三菱商事、オリックス・リアルエステート、住友商事、新日鉄都市開発、伊藤忠都市開発

●入居:2007年1月下旬予定

●問い合わせ先:芝浦アイランド マンションショールーム電話0120-591-321

●資料:芝浦アイランドケープタワー


posted by タワーマンションMANIA at 10:25 | ●芝浦アイランド ケープタワー



タワーマンション

●白金タワー(タワーマンション26)

タワーマンション 東京!
今回御紹介するタワーマンションは、白金タワーです。

総戸数543戸の住戸のうち、400戸近くが分譲住宅マンション。
1億円を超える価格の住戸が多かったにもかかわらず、全住戸が即完売。

白金エリアの人気の底堅さを世に知らしめた物件です。
そのマンションの残りの住宅が賃貸住宅となっています。

賃貸住戸といっても、設備や仕様は分譲住戸とまったく同じです。

タワーマンション26


<タワーマンション、白金タワーのスカイラウンジ>
マンション25階にある住人専用のスカイラウンジは、分譲マンションならではの贅沢な共用施設です。
大型冷蔵庫や、オーブンをビルトインした大型システムキッチンも設置されているので、貸切でパーティも可能となっています。

<タワーマンション、白金タワーのリラクゼーションスクエア・デスクブース>
リラクゼーションスクエアには、バイシクルやルームランナーなどの健康器具などが用意されており、簡単な運動をしてリフレッシュする事が可能になっています。また、デスクブースには、パーテーションで仕切られたデスクセットがいくつも用意されており、静かに読書したいとき、また、子供の勉強部屋としても利用できる様になっています。

<タワーマンション、白金タワーのフロントサービス>
白金タワーのフロントでは、共用施設の予約受付のほか、タクシーの配車、ケータリングの紹介、宅配便の取次ぎ、コピー、FAXなどといった様々なコンシェルジュサービスを利用できます。

<タワーマンション、白金タワーのその他の施設&設備>
マンション共用施設の和室・ゲストツインルーム、ゲストスイートルーム(有料)・和室(有料)・100Mbpsインターネット回線・カラーモニタ付きハンズフリーインターホン・BS・CSアンテナ・ガス温水式床暖房(リビングに設置)・天井ビルトインエアコン・食器洗浄乾燥機、ビルトイン浄水器、ディスポーザー、ウォシュレット、フルオートバス、浴室換気乾燥機、リバーシブルディンプルシリンダーキー&ダブルロック等となっています。

つづきを読む>>
posted by タワーマンションMANIA at 02:10 | ●白金タワー