タワーマンション

●トリトンスクエア・ビュータワー(タワーマンション8)

タワーマンション 東京!
今回御紹介するタワーマンションは、光と風が行き交う快適都市空間、晴海にあるトリトンスクエア・ビュータワーです。

東京駅から約3km、銀座が生活圏という都心を身近にとらえた水辺のニュータウンに建つタワーマンション、それがトリトンスクエア・ビュータワー。

このエリアの一角にある建中高層住宅「ビュープラザ」の中には、診療所や歯科医院を含む、ショッピングセンター「スカイマート晴海」があり、また近くには月島仲店通り商店街もあって毎日の暮らしに困る事はありません。

小・中学校にも隣接し、子供にとってもやさしい環境。

タワーマンション8

<タワーマンション、トリトンスクエア・ビュータワー47階にお住まいの橋本友理さんの声>
住まいはビュータワーの47階。
部屋から葛西臨海公園とお台場の観覧車が見え、夜景もきれいです。
6年前にこちらへ越してきたときには夫と二人暮らしでしたが、今では二人の娘の母に。
子育て中心の忙しい毎日を送っています。
築地で商売を営む両親の許で育った私にとって、このエリアは地元。
一度は離れたものの、住み心地に惹かれて戻って来ました。
結婚で地元を離れた友だちも戻ってくる人が多いですね。
当初、練馬出身の夫は、「こんなに銀座に近くて静かな所があるとは思わなかった」と驚いていました。
幼い頃から日曜のお昼は銀座で食事をするのが習慣のようになっていたので、今でも銀座には買い物に、食事にとしばしば出かけます。
でも、ここ数年、ウォーターフロントがどんどん発展し、お台場や豊洲などに出かけることも多くなりました。
先日も、豊洲にオープンしたばかりのキッザニアへ。子連れで遊びに行ける場所が増えて嬉しいですね。

子供が生まれて、改めて、
子育てのしやすい環境であることを実感。

水のテラスや花のテラスは子供の格好の遊び場。
アリス・コレクションの外のテーブルで何か飲んだりしながら娘たちを見守れるので、私も気に入っています。
平らで車が来ない桜の散歩道は自転車の練習に便利。お姉ちゃんが自転車の補助輪を取る際にもここで練習させました。
また、雨の日も晴海トリトンに連れて行けば、誰かしらお友だちと出会えるから娘たちが退屈しません。
土日には工作教室が開かれたり、大道芸をやっていたり、イベントが多くて遠くまで出かけなくても時間が潰せるのもここの特長。
10月にはハロウイン、11 月にはインフィオラータというフラワーフェスティバルもあります。
ハロウインは子供たちが思い思いの仮装をしてお店を回り、アメをもらって帰ってくるのですが、娘たちは毎年参加しています。

刺繍が趣味。娘たちが少し大きくなったので、
久々に大作に挑戦しています。

昔から刺繍が好き。幼稚園で使うものなどにちょこちょこしていたのですが、上の娘が5才、下の娘が2才になって少し時間ができたので、子供用ではないものも作ってみようと思い立ち、最近、子供たちが寝た後にチクチクやっています。
今はヨーロッパのアンティークっぽい図案をヒントに、リネンにクロスステッチでアルファベットをモチーフにした刺繍をしているところ。
出来上がったら額にする予定です。
日曜の夜などに主人に子供を預けて、たまに幼稚園のママ友だちと映画を観に行くこともできるようになりました。
映画の後は食事をして、それがよい息抜きになっています。

晴海トリトンなら、子供を遊ばせながら
お茶をしたり、お店を覘いたりできます。

子供を幼稚園に送った後、ママたちとよく利用するのがセガフレード・ザネッティ。
下の子を遊ばせながらお茶ができる通路沿いのテーブルが私たちの定席です。昼
食にサンドイッチを、というときはサンマルクカフェでテイクアウト。
少し前はチョコバナナ、最近は抹茶のクロワッサンと、ときどき新メニューが出るのも楽しみです。
娘たちが本屋さん好きなのでBOOKS 書原にもちょくちょく立ち寄ります。
最近、絵本コーナーが充実してきたのが嬉しいですね。
インポートの子供服や玩具を揃えたgolly geeもよく覘くお店の一つ。
ここも娘たちを遊ばせながら欲しいものを探せるので、重宝しています。


つづきを読む>>
posted by タワーマンションMANIA at 01:18 | ●トリトンスクエア・ビュータワー