タワーマンション

●聖路加レジデンス(タワーマンション24)

タワーマンション 東京!
今回御紹介するタワーマンションは、1階〜31階がシニア向け賃貸タワーマンションになっている聖路加レジデンスです。
尚、32階〜38階は東京新阪急ホテル築地となっています。

銀座に程近い都心立地にもかかわらず隅田川を臨む潤いあふれる環境や、高層タワーマンションならではの眺望などの魅力も備え、生涯現役として仕事や趣味に打ち込んでいる活動的なシニア世代に、新たな都市生活拠点として幅広い支持のあるタワーマンション、それが聖路加レジデンスです。

タワーマンション24

デンマークのケア思想(1.人生の継続性の尊重2.残存能力・潜在能力の活用3.自己決定の尊重)を基に、最新のケアシステムと研鑽を積んだスタッフによる高水準のサービスが用意されているのも、聖路加レジデンスの特徴です。
万一、病気や身体が不自由になった場合でも、充実した日々を過ごしながら、自立した生活をお送れるよう、きめ細かな医療サービス、手厚い介護・介助サービス等が聖路加国際病院との連携によりご提供されています。

この聖路加レジデンスは、聖路加国際病院の聖路加ライフサイエンスセンター構想を基に1990年に着工、1994年に開業されました。
三井不動産、日本生命保険、東急不動産を株主とするエスエルタワーズによって管理、運営されており、レジデンス棟では特に聖路加国際病院との提携による高度な医療、介護サービスを提供するため、聖ルカレジデンスが業務を請け負っています。

<聖路加レジデンス 基礎データ>

●場所:東京都中央区明石町8番2号

●階数:地上38階、地下3階

●高さ:146m

●戸数:175戸(シニア向け賃貸)

●形態:賃貸タワーマンション

●建築:三井不動産、日本生命、東急不動産、松下興産、藤和住販

●入居:1994年09月01日

●HP:http://www.sltowers.co.jp/residence/index.html
posted by タワーマンションMANIA at 02:09 | ●聖路加レジデンス